暮らし

家事代行サービスのメリットとデメリットを徹底比較

家事代行サービス(かじだいこうさーびす)とは、定期的に依頼者の自宅に伺い、忙しい主婦の代わりに日生活空間の掃除やさまざまな家事を依頼者に代わって行う代行サービスのことです。

昨今の少子高齢化や結婚後も働く女性が増えたことにより登場した比較的新しいサービスで、掃除、買い物、料理までをアウトソーシングできるとあって、共働きでお互い忙しくなる中、今後ますますニーズが高まる事が予想されます。

家事代行サービスの需要が高まっているなか、一体家事代行にはどのようなメリットがあるのかという部分は、これから家事代行サービスを利用しようと考えている方にとってかなり気になる部分だと思います。

そこで、家事代行サービスを利用した際のメリットや、サービスを比較する際のポイント、選び方についてご紹介します。

 

サービス名 特徴
CaSy(カジー) 単発のスポット利用で2,500円/時、週1回の定期利用で2,190円/時という低価格。スタッフは採用時の厳しい審査を受け、サービス品質の高さにも定評があります。
キャットハンド 掃除もある家政婦サービスだと思えば安く、いくつかのプランもあります。また、研修中のスタッフなら1時間3,680円のところ、1,800円になるサービス期間あり。
ダスキンほづみ 家中のあらゆる場所のお掃除、日常のさまざまな家事全般をこなす家事代行サービス。統一カリキュラムに基ずく一貫した教育研修で、高い評価と信頼を受けている。

家事代行の基本的なサービス内容

何となく依頼主の代わりにこなしてくれるイメージはありますが、 現在は家事代行サービスの企業は数多くあり、その対応内容は提供している会社によって様々になっています。

具体的には家事はどんな事をやってくれる?

定番の掃除や料理に加え、家具の移動、庭の手入れ、通院の付き添い、子どものお迎え・シッター、ペットの世話など、多様な種類があります。

例えば、リビングの掃除と干してある洗濯物をたたむまで…といったような、依頼主の要望に合わせて行います。 家事とは案外、人によって手伝って欲しいことが異なる場合やこれだけは譲れないといったこだわりがある場合など、ひとりひとり要望が異なるものです。

費用は時間制

家事代行にかかる費用も時間制で決められています。その限られた時間で何をどのように行ってほしいか、事前に会社の営業スタッフやコーディネーターなどがヒアリングした上で内容を決めてから行われます。

事前に要望を伝えることができ、サービスを組み立ててもらえると、安心して利用できますね。もっと手軽に限定的な内容で頼みたい場合には、行う内容があらかじめ決められているサービスを利用すると良いでしょう。

家事代行サービスを利用する6つのメリット

少子高齢化や女性の社会進出の影響により夫婦共働き世帯、単身世帯が増加傾向にあります。それに伴い家事代行の必要性、需要は徐々に高まっています。こちらでは、家事代行のメリットについてご紹介します。

生活に余裕ができる

掃除や育児、炊事、洗濯などの家事を完璧にこなすのは働きながらではなかなか難しいものです。忙しさのあまり、家事にまで手が届かないなどから喧嘩に発展し、夫婦関係にヒビが入る可能性もゼロではないでしょう。そういった時にでも家庭や仕事を充実させるためにも、家事代行サービスは有効です。

ストレス軽減に繋がる

家事代行サービスを利用することで家事から開放されますので、大きなストレス軽減に繋がるでしょう。また、時間にも余裕が生まれるため、友人と外出したり、空いた時間で趣味を始めたりできますので、より有意義な時間を過ごすことができます。さらに、家族と一緒に過ごす時間も増えるため、夫婦円満な家族関係を築くことが可能になります。

プロがお掃除するからキレイ

家事は意外と精神的・肉体的に負担の大きい作業です。もしご高齢の場合は体力的にも難しく、高い場所や手の届きにくい場所での掃除は転倒する恐れもあり危険な作業になります。そういった危険を避けるためにも、ぜひ家事代行サービスはおすすめといって良いでしょう。

自分で掃除するよりも綺麗なお部屋を維持できる

家事代行サービスは、自分で掃除するよりもキレイな部屋の維持ができます。また、掃除スキルに優れた掃除のプロが掃除しますので、細かい箇所や手の届きにくい箇所なども徹底的に掃除!部屋を綺麗にすることで豊な生活を送れるだけではなく、気持ち的にも人間関係にも良い影響をもたらします。

パーティーなども円滑に進めることができる

家事代行は富裕層の利用が中心とされていましたが、近年では共働き世帯、家事をする暇もない働き盛り世帯からも支持を集めてます。また、掃除だけでは例えば、ホームパーティーで使用するお部屋の掃除や料理の支度、片付けなどに家事代行を利用することで円滑に進めることができます。

オーダーメイドの家事プランを作ってくれる

一旦お試しプランを試してみて、サービス内容の利便性を実感できてからの方が良いかもしれませんが、家事代行サービスは利用するヒトの生活リズムやお願いしたい内容でその目的が大きく変わると思います。

例えば、

  • 週2回〜3回のよるご飯をお願いしたいだけ
  • 家の掃除を週1回お願いしたい
  • たまに子供の相手をお願いしたい
  • 掃除を手伝って欲しいけど毎日じゃない
  • 共働きで子供がかわいそうだからガッツリ週5でお願いしたい
    • でも料理は自分でやるから送り迎えだけで良い など

それぞれの家庭でやって欲しい内容が違うと思います。そういった場合には、家事代行サービスによっては個別のプランをしてくれるものもありますので、活用シーンが実は限定されていないというのも大きなメリットになると思います。

家事代行サービスの主な内容

  • 片付け
  • 掃除
  • 洗濯
  • 料理
  • 買い物
  • 鍵の預かり
  • ベビーシッター・送り迎え
  • 高齢者対応(介護ではない)
  • ペットのお世話(エサやりや散歩)

 

家事代行サービスのデメリット

次に、メリットだけではなくデメリットも解説していこうと思います!

サービス利用に際してお金がかかる

家事の一部をプロに代行を依頼する以上、便利な分、当然お金はかかります。家事代行のニーズが高まり、料金も低価格化が進見始めているとはいえ、費用の相場は1~2時間で3,000円前後、掃除代行などを頼めば30,000円以上かかるケースもあります。

ですので、サービスの費用だけにフォーカスするというよりは、きちんと費用に見合った満足感を得られるかどうかを判断して行く必要があると言えますね。案外プランの詳細は分かりにくく、多種多様なプランを用意している家事代行サービスもありますので、上手く利用出来るように比較検討して行く事をおすすめします。

他人を自宅へ入れることへの不安が残る

初めて会う赤の他人を自分の自宅に入れるわけですから、金品等の盗難は大丈夫なのか、郵便物はちゃんと受け取ってもらえるのか、プライバシー情報の流出のりすくなど、多少の不安はあるでしょう。こういった不安点を払拭するためには、スタッフの管理、研修、教育制度がしっかりしているサービスを提唱しているかを判断しなくてはいけません。

様々な事業者を比較検討して、より安心して利用出来るところはどこなのか、口コミや評価を調べ無くてはいけませんね。

家事代行サービスを頼む際に知っておくと便利なポイント!

家事代行を頼みたいときのポイントです。片づけが苦手である、掃除だけを徹底的に頼みたいなど、頼みたい部分の要点がまとまっていて、その専門業者がすぐに見つかる場合はよいのですが、一般的に家事の担い手がいない、または病気といった何らかの事情でお願いすることがほとんどと考えられます。

そんな場合で、もう今すぐに頼みたいと思って頭がまとまらない状態で頼んでしまうと、頼んだ成果があまり感じられなくて結局損だったように感じられてしまうかもしれません。

スタッフに普段の家事習慣を聞いておく

家事代行を探すときには、まず、普段家事をしていた人にその家の家事習慣であるとか、細かい決まりを聞いておくことが大切です。

頼みたいことは具体的に頼む

家事の担い手に聞き出せない状況であるときは、具体的に何をどう頼みたいか、メモ(書面)に箇条書きで、頼みたい場所、頼みたい内容を書きだしてToDoリスト化することが大切です。

掃除の家事代行を頼む場合

掃除を頼みたいのであれば、どこの部屋、どこの部分を、どの程度のクオリティで綺麗にすることをお願いしたいのか。片づけも含むのか。といったことをメモ書きすると良いと思います。

洗濯の家事代行を頼む場合

洗濯でしたら、家庭の洗濯機を使用することも多いでしょうから洗濯機の使用説明書を出しておきましょう。紛失した場合には、ネットで洗濯機の型番(たいていの機械にはメーカーと型番が書いてあります)で検索をすれば使用説明書がダウンロードできる場合も多いので、準備しておきます。

買い物の家事代行を頼む場合

買い物ですが、こちらは買い物リスト、購入してきて欲しい店舗名、近隣の地図などを用意しておくとスムースに行きます。 購入品目は、店舗名ごとに分類して依頼すると依頼時間を有効活用できておすすめです。

料理の家事代行を頼む場合

料理ですが、アレルギーのある食材、指定の調理法などは普段からメモしておくことが肝要です。また、持病のある家族がいる場合は、それも合わせて伝えます。誰にでも家事代行業を頼む可能性はあります。日ごろのチェックがかかせないと言えます。

 

おすすめの家事代行サービス厳選3選

サービス名 特徴
CaSy(カジー) 単発のスポット利用で2,500円/時、週1回の定期利用で2,190円/時という低価格。スタッフは採用時の厳しい審査を受け、サービス品質の高さにも定評があります。
キャットハンド 掃除もある家政婦サービスだと思えば安く、いくつかのプランもあります。また、研修中のスタッフなら1時間3,680円のところ、1,800円になるサービス期間あり。
ダスキンほづみ 家中のあらゆる場所のお掃除、日常のさまざまな家事全般をこなす家事代行サービス。統一カリキュラムに基ずく一貫した教育研修で、高い評価と信頼を受けている。
ABOUT ME
会長
会長
ワリカンの代表。『鬼ごっこ』とか『かくれんぼ』とか子供の頃にやった遊びを大人がやっても面白いイベント企画にする感じのことをやっている。普段はメディア運営の会社でコンテンツSEO、コンテンツマーケに関わる。
同じカテゴリの記事