看護師の転職

【取材】看護師のキャリアアップ|呼吸療法認定士資格を取得したケース

看護師_キャリアアップ

看護師のキャリアアップと聞くと皆さんはどんなイメージをするでしょうか?

主任や看護師長、看護部長など管理職に就くことでしょうか?

もちろんそれも立派なキャリアアップですが、看護師の中にはさらに独自で勉強をし、新たな資格を取って専門性を高めていく人もいます。

肉体的にも精神的にもキツイと言われる看護師の仕事に意欲を持って取り組み、さらに技術を高めていくことはとても大変なことです。

今回は看護師11年目になり、「呼吸療法認定士」という資格を新たに取得し、キャリアアップした看護師Fさんに取材しました。

看護師としてのやりがい、資格取得で大変だったことや、今後のビジョンを伺いました。

 

プライベートの充実と医療の知識を高めるために上京

看護師11年目とのことですが、簡単に経歴を教えてください
中学生の頃には看護師になることを決めていたので、中学を卒業して看護の専門学校に入りました。5年生の学校で、20歳で正看護師になれるという最短ルートで看護師になりました。福岡で4年間看護師をし、5年目に上京して現在11年目になります。
なぜ上京したのですか?
当時ハマっているバンドがいて、そのバンドが東京にいたので!(笑)
まさかの回答です!(笑)
あと付けになってしまいますが、もちろん東京なら医療の勉強がもっとできるかもという期待もありましたよ。
プライベートの充実とより医療の知識を高めるために上京されたんですね?
はい。看護師になって3、4年も経つと業務を一通り覚えて、でも特に目標もなく、今後どうしようかと漠然とした気持ちになっていました。そんな時たまたま転職サイトに登録をしたのがきっかけですね。

よりプライベートも楽しむため、看護師としての技術を高めるために上京を決めました。

辞めていく人も多い看護師の仕事ですが、Fさんはどんなやりがいを感じていますか?

もともと人のお世話をするということが好きなんです。仕事をしていると生死をさまよう患者さんを看ることもある。自分が関わったことで少しでも快方に向かってくれると嬉しいです。

そもそも看護師になろうと思ったきっかけは、小学校の時に放送されていたテレビドラマの「ナースのお仕事」です。観月ありさが演じていた主人公のドジだけど、思いやりのある看護師に憧れました。

「ナースのお仕事」ですか!?私も観ていました!
なんであのドラマに憧れるんだ!?って感じですよね。(笑)

でも患者さんに寄り添って、努力している主人公の姿が私の看護師としての目標で、思いやりのある看護師でいることを常に心がけています

看護師は自分にとって転職だ!と思い込んでいるので(笑)

これからも看護師をずっと続けていきます。

理想と現実のギャップが大きい仕事だと思うのですが、悩みはありませんか?
やっぱり現実は厳しいです。一人一人の患者さんに寄り添った看護がしたいのですが、看護師一人で担当する患者さんは7人。その人たち以外にも緊急コールがなったらもちろん対応しないといけない。現実は一人の患者さんに対してゆっくりと関わることが難しいです。

 

知識不足を痛感 より良いケアをするため資格取得に

Fさんが取得した資格はどんな資格ですか?
呼吸療法認定師」という資格です。民間の資格ですが、呼吸ケアのプロフェッショナルを増やそうと作られたものです。人工呼吸器を扱う集中治療室にいる看護師が取ることが多く、看護師の他にも理学療法士など、医療関係者が取得しています。
なぜ「呼吸療法認定士」を取得し、キャリアアップしようと思ったんですか?
きっかけは一人の患者さんです。私はずっと内科にいますが、内科は色んな症状の人が集まる科です。その中で肺炎の人が多くいます。

患者さんの中で症状がどんどん悪くなってしまう人がいた時に、自分の知識不足を痛感しました。もし自分にもっと知識があったら、もっと良いケアができたのではないかと、ずっと引っ掛かっていたんです。

患者さんのためにもっと知識を増やしたいと思われたんですね?
その時の担当の先生がまだ若い人だったんです。私の方が年上で経験も長いので、自分が先生に「もっとこうした方が…」と気づいて伝えられるようになりたい、と思いました。

友人の中にも数名ですが「呼吸療法認定士」を取っている人がいて、それも刺激になりました。

キャリアアップを目指す中で大変だったことは?
勉強のためのテキストが500ページもあって、仕事をしながら不規則な中で隙間時間に勉強をすることは大変でした。

看護師の国試も大変でしたが、その時は周りに同じように試験を受ける仲間がいました。

でもキャリアアップは誰にも義務付けられていない。自分の強い意志が必要です。

勉強を続けていく中で「仕事終わりにカフェにこもってまで、勉強する必要あるのか?」と自問自答をすることが多かったです。

どのように乗り越えたんですか?
SNSが励みになりました。周りに一緒に受ける人がいなかったので、インスタで「呼吸療法認定士」と調べてみたんです。

検索してみると、これから試験を受けようとしている同じような境遇の人がいたり、すでに受かっている人を見つけたりできました。みんなで励まし合い、アドバイスを貰うこともでき、インスタにとても救われました。

現代的な話ですね! 実際取得をして変わったことはありますか?
病院にRSTという呼吸ケアのサポートをする専門のチームがありますが、そこに師長経由で選出されました。まだまだできて間もないチームのため手探り状態ですが、今はチームのメンバーおのおので勉強して知識を深めています。

私自身資格を取って満足してしまっているところがあったので、こういった機会を頂けたことが良かったです。

看護師の転職サイト
【徹底比較】看護師の転職に人気のおすすめ転職サイト・転職エージェント7選看護師の転職をサポートしてくれる転職サイト。「マイナビ看護師」や「看護のお仕事」など、一度は聴いたことのあるなじみの転職サイトなどを徹底比較!看護師に人気の転職サイトでおすすめの7サイトを厳選しました。...

勉強は興味のある分野を 思い立ったらすぐに行動して

今後どんな看護師を目指したいなど、目標やビジョンはありますか?
もともとは呼吸ケアがとても苦手でした。11年も看護師をやっているのに、急変に立ち会うなどの場面が私の場合少なくて…。でも11年目にもなると、その場にいる看護師で一番経験が長くなることもある。そんな時に1年生や後輩に率先して指導できる先輩になりたいと思っています。そのためにもより知識を深めていきます。

経験の長い看護師が必然的に重症な患者さんを看ることになるので、もっと的確なケアができるようにもなりたい。

あとは大変な職場ですが、1年生が潰れてしまわないよう後輩が仕事をしやすい環境づくりをしていきたいです。

目標がたくさんありますね!これからキャリアアップを目指す看護師に何かメッセージをお願いします。
勉強はやらせている感覚だとできません。私は自分が興味を持った分野を勉強しました。

いつかは、何年か先には…と思っていると、まず勉強をすることはないと思います

そう言いながら、結婚出産とキャリアアップのタイミングを逃していく看護師をたくさん見てきました。思い立ったらすぐに行動することをおすすめします。

まとめ

看護師の仕事はとても過酷なものです。そんな中でさらに知識を深めてキャリアアップしようという看護師は少数派かもしれません。

今回Fさんに取材をして、重労働の中勉強をするためには看護師としてのやりがい持ち、知識を高める必要性を強く感じていることが重要だと思いました。

今後キャリアアップを目指す看護師は、ぜひ自分の興味がある分野の知識を深めるようにしてください

Fさんが言っていたように「勉強をしたい、より知識を深めたい」と思ったのなら、その時がタイミングです。女性は結婚、出産という人生の転機がくると思うように時間を使えなくくなってしまうのが現実

看護師としてキャリアアップを目指す人が少数派だからこそ、キャリアップすると活躍できる場がたくさんあります。

ぜひタイミングを逃さず、目標に邁進してください。

看護師を辞めたい!転職したい!転職理由別の対処法と失敗しない転職をするには?看護師が転職するならおすすめの転職サイトと、転職に失敗しない為に役立つ転職の知識、成功・失敗事例に加えて、他職種に転職する場合に役立つ知識もご紹介します!...
ABOUT ME
カンノ
カンノ
看護師歴7年。大学病院、血液内科、ICU、転職も3回経験。現在も現役看護師をしているが、フリーの看護師ライターも約3年続けてます。使った転職サイトは『看護のお仕事